Plasma 6.0.2 が到着し、バグの除去が継続

プラズマ6.0.2

KDE は通常のスケジュールを継続します。 始まったばかりの プラズマ6.0.2。これは 6.0 シリーズの 150 回目のメンテナンス アップデートであり、ここ数日で見つかったバグの修正を続けるために到着しました。聞くところによると、最近は KDE がよく使われており、そのせいで多くのバグが報告されており、その数は週平均 200 ~ XNUMX 件だそうです。プロジェクトでは、KDE ​​に切り替える人が増えるほど、より多くのエラーが特定されることを使用例とともに説明しています。

Plasma 6.0 は良好な状態で登場しましたが、磨くべき点があるのは当然です。そして彼らはそれらを磨いています。大きな進歩があったにもかかわらず、たとえば、Plasma 5.x の新しいバージョンを立ち上げるときほどの失敗は経験していません。以下にあるものは、 いくつかのバグが修正されたリスト プラズマ6.0.2では。この XNUMX 番目のポイント更新が、 前のバージョン.

Plasma6.0.2のニュースの一部

  • キーボード ショートカットを使用してダッシュボードの電卓ウィジェットをアクティブにすると、フォーカスが正しく渡されるようになり、すぐに入力を開始して計算できるようになりました。
  • 「libreoffice」など、いくつかの非常に一般的な用語を検索するときに Discover がクラッシュしなくなりました。
  • X11 のタイトル バー メニュー項目「デスクトップに移動 > すべてのデスクトップ」を修正しました。
  • 画面をオフにして再度オンにした後、Plasma が Wayland プロトコル エラーで終了する (クラッシュしない) 場合がある問題を修正しました。
  • セカンダリ GPU に接続されたセカンダリ ディスプレイでウィンドウを開くときに KWin がクラッシュする可能性があるバグを修正しました。
  • VLC と MPV を最大化できないという以前の解決策では十分ではなかったことが判明したので、それを強化したところ、実際には常に機能するようになりました。
  • 特定のグラフィックス ハードウェアを搭載したシステムでナイト カラーが動作しなくなる可能性があるバグを修正しました。
  • Kicker アプリ メニューの最初の検索結果が検索フィールドによって隠れることがなくなりました。
  • ウィンドウを画面の左側からドラッグしたときに、カーソルが予期せず移動しなくなりました。
  • システム設定の地域と言語ページでシステム言語を「C」に設定すると、個々の形式のプレビューでテキストが乱雑になることがなくなりました。

プラズマ6.0.2 発表されました 数分前。最初に KDE neon に導入され、その後すぐにローリング リリース開発モデルを備えたいくつかのディストリビューションに導入されるはずです。残りのディストリビューションは、開発哲学とアップデートのリリースに応じてしばらく待つことになります。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。