Ubuntuのどのフレーバーを選択しますか? #StartUbuntu

Ubuntu フレーバー

「スイッチャー」として知られるものになることを検討しており、移行先のオペレーティング システムが Windows である可能性が高い場合は、Ubunlog が喜んでお手伝いします。 果物のロゴが付いたコンピュータはいつでも購入できますが、それを使用すると、決して報われることのないお金を使うことになります。 Windows に代わる最良の方法は、Linux に切り替えることです。もちろん、このようなブログで私たちは賭けています Ubuntu またはその公式フレーバーの XNUMX つ.

Ubuntu とその「フレーバー」の歴史には、行き来があります。 ある時点で関連性がなくなり、廃止されたフレーバーがあります。 反対に、Ubuntu の「リミックス」として開始されたプロジェクトがあります。Canonical は、彼らがやっていることは良い考えであると考え、それらを公式のフレーバーとして受け入れることにしました。 リストは異なる場合がありますが、心は異なります。 すべての味 彼らは同じベースを使用しています.

Ubuntuフレーバーとは何ですか?

ここまで来たら、Gnu/Linux ディストリビューションが何であるかは既に知っていますが、それでも、「» Ubuntu から。 Ubuntu のフレーバーは、 Ubuntu ベースの Gnu/Linux ディストリビューション. これは実際には Ubuntu ですが、特定のデスクトップ、特定のツール、または特定の種類のコンピューター用です。 Ubuntu でのフレーバーの動作は、Windows Home および Windows Professional バージョンと非常に似ています。これらは同じオペレーティング システムですが、一方には他方よりも多くのソフトウェアが付属しています。

わかりました、Ubuntu のフレーバーについて理解し始めています。 しかし、私はどの味を選びますか?

Ubuntu には約 XNUMX 種類のフレーバーがあります。 各フレーバーには特定の目的があります。技術的な詳細には触れずに、その特徴について簡単に説明します。

  • Ubuntuの. 考慮すべき最初のオプションは、ディストリビューション自体である Ubuntu です。 メインのデスクトップは、Linux の世界で最も使用されている GNOME であり、Debian や Fedora などの非常に有名なディストリビューションでも使用されています。 Macの電源を入れたときに見えるものに似ていますが、Canonicalはパネルを左側に置き、左右に手を伸ばすことを好みます. GNOME は非常に使いやすく、Linux に移行する際に多くの人に好まれる選択肢です。
  • Kubuntuの. KDE Plasma デスクトップを備えた Ubuntu です。 エンドユーザー向けのデスクトップです。つまり、Windows に似たインターフェイスを備えていることもあり、管理や「検索」が非常に簡単です。 彼らがリリースした各バージョンでは、軽量化と生産性が向上しましたが、一部のコンピューターではうまく動作しないという評判がありました. これは KDE が持っているものです。彼らはすべてをうまくやりたいと思っていますが、導入する新しいものはすべて完璧にする必要があります。
  • Xubuntuの. これは、リソースの少ないコンピューター専用の Ubuntu です。 XFCE デスクトップを使用してください。以前のものよりも軽量ですが、Windows から来たユーザーにとってはまったく直感的ではありません。 それは何ですか、かなりカスタマイズ可能です。
  • Lubuntu. これは、リソースの少ないコンピューター専用の Ubuntu の別のフレーバーです。「古いコンピューター」の意味を見てみましょう。 Xubuntu との違いはデスクトップにあります: Lubuntu は LXQt、古い Windows XP と非常によく似た非常に軽量なデスクトップであるため、Windows ユーザーの適応は非常に簡単です。
  • Ubuntu MATE. これは Kubuntu と似ていますが、KDE ​​を使用する代わりに MATE をデフォルトのデスクトップとして使用します。 MATE は、Martin Wimpress が古い GNOME 2.x のようなものを作成することを決めたときに選んだ名前です。Canonical によって開発された Unity ではなく、従来の Ubuntu を使用することを好んだ人たちのために、最初はそうしませんでした。あまり好きじゃない。
  • Ubuntuのメーカー. このフレーバーは、音楽、グラフィック、マルチメディア、または単に歌詞の世界に関連するものなど、制作が好きな人を対象としています。 上記の各セクターから、Ubuntu Studio にはデフォルトでインストールされるツールキットがあります。 したがって、グラフィック制作の場合、Gimp、Blender、および InkScapet があります。 など、それぞれの制作テーマで。
  • Ubuntu Budgie. これは、基本的にメイクが好きな GNOME のような Ubuntu のフレーバーです。 Ubuntu Budgie の内臓の多くはメインのフレーバーと共有されていますが、独自のテーマとより合理化されたデザインがあります。
  • Ubuntu Unity. Canonical は Unity を放棄して GNOME に戻り、その時点で XNUMX 番目のバージョン (および Ubuntu GNOME を廃止) に戻したため、Unity は Limbo に残されました。 数年後、インドの若い開発者が復活させ、再び公式のフレーバーになりました。 Ubuntu Unity は、Canonical が開発したデスクトップを使用しますが、最新バージョンのソフトウェアを使用しています。 ダッシュの使用と、それを復活させた開発者が思いついたすべての調整が含まれていることで際立っています。
  • Ubuntuの麒麟. これは、主に中国の視聴者を対象としたフレーバーであり、ここ Ubunlog で取り上げることはあまりありません。 使用しているデスクトップは UKUI で、デザインは優れていますが、すべてが完全にスペイン語に翻訳されているわけではありません。

勝者はどっち?

Es 選ぶのが難しい 利用可能なすべてのオプションの中で。 ある人が他の人よりも優れているとは言いませんが、それぞれが自分自身で最高であるとは言えません. メインバージョンは非常に使いやすい GNOME を使用しています。 Kubuntu は、すべてを必要とする人向けです。 Xubuntu と Lubuntu はリソースの少ないコンピューター用で、前者は多少カスタマイズ可能で、後者はやや軽量です。 クラシックが好きな人、「古い」ものも好きな人のためのUbuntu MATEについては、引用を参照してください。 Budgie と Unity は、新しい体験をしたい人向けです。 コンテンツクリエーター向けのスタジオ。 そして、まあ、中国語を話す人のために、麒麟。 あなたはどちらと一緒にいますか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

5コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   フェデリコペラレス

    多くの人に知られていないUbuntu「通常」またはUbuntuはどこにありますか...はい、UNITYに付属しているものですか? それをお勧めするために数えませんか? 笑。 とにかく、いい記事です。 ご挨拶。 =)

  2.   ヨルチ・マンティラ

    一歩踏み出したい人にとってはとても良い記事ですが、私は統一感のあるUbuntuを欠いています…..

  3.   イスマエルメディナ

    素晴らしいコメント、エレメンタリーフレイヤについて何を教えてくれますか、私にそれを勧めましたか? Windowsの使用をやめた後、私は自由ソフトウェアに魅了されました...

  4.   アンソニー

    Ubuntu 16.04 LTS 64ビットをインストールしています。満足しています。アップデートを受け取ります。
    定期的にハングアップしますが、あまり気になりません。私はプライベートです
    数年使用していますが、パーティションの作成、フォーマット、インストールの方法を学んだだけです。DVDを使用すると、コンソールはデータがある場合にのみ使用できます。
    しかし、それらをインストールするときに問題が発生した場合、それを解決できることは非常にまれです。
    問題は、
    彼らは私にいくつかの新しいアップデートにアップデートすることを勧めています。

  5.   マヌエル

    記事をありがとう、あなたはいつも何か新しいことを学びます。 どうもありがとう。