Debian 13 および Ubuntu 24.10 で発表された APT インターフェイスの改善

APT パッケージ マネージャーに新しいインターフェイスが追加されました

主要なディストリビューションの今年の最初のバージョンはまだ公開されていませんが、年末にどのようなニュースが期待できるかはすでにわかっています。今のソーシャルネットワーク Debian 13 および Ubuntu 24.10 の APT インターフェイスの改善を発表しました。

APTはAdvanced Package Toolの略称です。 これは、Debian ベースのシステムでソフトウェア パッケージを管理するために使用されるツールです。。これは、プログラムのインストール、更新、アンインストールのタスクを処理するものです。さらに、依存関係の管理を自動化し、インストールされているプログラムのバージョンを制御します。

APT の機能には次のようなものがあります。

  • 簡単なソフトウェアのインストール: 必要な依存関係を手動で検索してインストールする必要がなく、依存関係が利用できない場合は警告が表示されます。
  • 自動ソフトウェア更新: ユーザーが公開を待つことなく、インストールされているすべてのプログラムをリポジトリで利用可能な最新バージョンに更新します。
  • ソフトウェアの削除: APT は不要なパッケージの存在を報告し、システムの残りの部分に影響を与えることなくアプリケーションを削除できるようにします。
  • パッケージ検索:  パッケージ マネージャーを使用すると、特定のアプリケーションのリポジトリを検索できます。
  • リポジトリの管理: APT にはさまざまな種類のリポジトリのレジストリがあり、代替リポジトリを追加したり、不要になったリポジトリを削除したりできます。

彼らはAPTインターフェースの改善を発表した。これらは

改善点は次のとおりです。 発表した Canonical エンジニア兼 APT 開発者の Julian Andrés Klode が Linkedin アカウントで投稿し、 Debian Unstable およびそれに基づく Ubuntu 24.10 などのディストリビューションで間もなくテストできるようになります。 Debian の安定版を好む人にとって、最初に入手できるのは、来年半ばに登場するバージョン 13 Trixie となるでしょう。

APT 3.0 ユーザー インターフェイスで見られる変更の中には、次のようなものがあります。 列を使用した表現により、パッケージ名の検索が高速化されます。。さらに、削除するものには赤、その他の変更には緑などの色が使用されるようになり、コマンドをより早く識別しやすくなりました。

プログレスバーは Unicode ブロックで表現されるため、より流動的になります そして、重要な情報には、より簡単にアクセスできるように、豊富な詳細情報よりも特権が与えられました。

ジュリアン自身が新しいデザインのその他の利点を説明します

Debian または Ubuntu システムにインストールしたカーネルが多すぎたり、パッケージが多すぎてスペースが足りなくなった場合、APT [3.0] は利用可能なスペースを表示し、インストールしようとしている場合は警告します。個別の /boot パーティションも考慮して、そのスペースを超えます。

Snap、Flatpak、および Appimage 形式のプログラムは異なるパッケージ マネージャーを使用するため、APT は DEB 形式のパッケージのみを処理することに注意してください。 GNOME ソフトウェア センター、Ubuntu ソフトウェア センター、または Discover は、さまざまなパッケージ マネージャーと連携するグラフィカル インターフェイスです。

最も一般的な APT コマンド

プログラムとバージョンのリストを更新したい場合は、次のコマンドを使用します。
sudo apt update
インストールされているパッケージをリポジトリで利用可能な最新バージョンに更新するには、次のコマンドを使用できます。
sudo apt upgrade
リポジトリで利用可能なパッケージから特定のパッケージをインストールしたい場合は、ターミナルで次のコマンドを記述する必要があります。
sudo apt install nombre_del_paquete
すべてのリポジトリの中から特定のパッケージを検索するには、次のコマンドを使用します。
apt search nombre_del_paquete.
私たちまたはシステムが必要としないパッケージを削除したい場合は、ターミナルで次の指示を与えるだけです。
sudo apt remove nombre_del_paquete
不要なパッケージをシステムから自動的に削除するには、次のように記述できます。
sudo apt autoremove

Ubuntu ソフトウェア センターが提供するようなグラフィカル インターフェイスを使用すると、一見簡単に見えますが、端末に慣れると中毒になります。したがって、APT インターフェイスに対するこれらの改善は、間違いなく、大部分の Ubuntu および Debian ユーザーに非常に高く評価されるでしょう。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。