Shell Scripting – チュートリアル 08: 理論から実践へ – パート 02

Shell Scripting – チュートリアル 08: 理論から実践へ – パート 02

Shell Scripting – チュートリアル 08: 理論から実践へ – パート 02

続けて、これで チュートリアル08 私たちのシリーズから シェルスクリプト、今日は別のセットを続けます 実例 で開始された チュートリアル07. よりよく理解して実装するために、常に手元に置く価値があります。 シェルスクリプトのテクニックに基づいてオペレーティング システム用に開発されたスクリプト内で、 GNU / Linuxの.

そして、 前のチュートリアル 06 および 05、さまざまな対処 オンラインリソース y algunas グッドプラクティス. 一方で、 理論的根拠 で対処されました チュートリアル 04 ~ 01.

Shell Scripting – チュートリアル 07: 理論から実践へ – パート 01

Shell Scripting – チュートリアル 07: 理論から実践へ – パート 01

そして、この投稿を始める前に «シェルスクリプティング – チュートリアル 08»、次のことも調べることをお勧めします 関連コンテンツ、それを読んだ最後に:

Shell Scripting – チュートリアル 07: 理論から実践へ – パート 01
関連記事
Shell Scripting – チュートリアル 07: 理論から実践へ – パート 01

シェル スクリプト – チュートリアル 06: Bash シェル スクリプト – パート 3
関連記事
シェル スクリプト – チュートリアル 06: Bash シェル スクリプト – パート 3

シェル スクリプト チュートリアル 08

シェル スクリプト チュートリアル 08

シェルスクリプトで起動するコマンドの例

次に、次のことを学びます。 価値と情報を抽出する を通じて様々なタイプの 端末でコマンド命令を実行する. 今日のようないくつかの単純なものから始めて、将来のチュートリアルでより高度なものに到達するまで.

システムユーザーに関連する値とパラメーターを抽出する

NOMUSU1K=$(cat /etc/passwd | grep 1000 | cut -d: -f1) ; echo $NOMUSU1K
# Mostrar el Nombre de Usuario creado con determinado UID/GID (EJM. 1000) - MODO SIMPLE

NOMUSU1K=$(awk -F: '{if ($3==1000) print $1}' /etc/passwd) ; echo $NOMUSU1K
# Mostrar el Nombre de Usuario creado por UID/GID (EJM. 1000) - MODO COMPLEJO

NOMUSU1K=$(awk -F: '{if ($4==1000) print $1}' /etc/passwd) ; echo $NOMUSU1K
# Mostrar el Nombre de Usuario creado por UID/GID (EJM. 1000) - MODO COMPLEJO

USUACT=$(echo $HOME | sed 's/[/]/ /g' | awk '{ print $2}') ; echo $USUACT
# Mostrar el Nombre de Usuario según el Home creado

IDUSUACT=$(id -u | awk '{print $1}') ; echo $IDUSUACT
# Mostrar el IUD del Usuario actual

IDUSUACT=$(echo $UID) ; echo $IDUSUACT
# Mostrar el IUD del Usuario actual

IDUSUACT=$(getent passwd $USER | cut -d: -f3) ; echo $IDUSUACT
# Mostrar el IUD del Usuario actual

IDUSER1K=$(for i in 1000 1001 1002 1003 1004; do grep $i /etc/passwd | awk '{print "\t" $1}' | tr -d '[A-Za-z]' | sed 's/::x*//' | cut -c 1-5 | awk '{print $1}' ; done | sed -n '1p')  ; echo $IDUSER1K
# ID del Nombre del primer usuario creado en el sistema entre los ID existentes dentro del rango 1000 al 1005.

QUIENSOY=$(who -u | awk '{print $1}' | awk 'NR==1') ; echo $QUIENSOY
Nombre de quien esta logueado en el Sistema.

IDUSU1K=$(cat /etc/passwd | grep 1000 | cut -d: -f1 | awk '{print $1}') ; echo $IDUSU1K
# Mostrar el Nombre del usuario 1000

IDUSU1K=$(cat /etc/passwd | grep 1000 | cut -d: -f1 | awk '{print $1}') ; echo $IDUSU1K | espeak -v es -stdin
# Pronunciar el nombre del usuario 100 mediante espeak.

IDUSU1K=$(cat /etc/passwd | grep 1000 | cut -d: -f1 | awk '{print $1}') | espeak -v es-la+m1 -a 100 -p 50 -s 150 -b UTF-8 "Saludos, estimado usuario: `echo $IDUSU1K`"
# Generar un saludos por voz con el nombre del usuario 1000 mediante espeak.

Al 各コマンドを実行する ここに示されているように、 同様の出力 (結果)、次の図に示すように:

画面ごとの同様の出力 (結果)

シェル スクリプト – チュートリアル 05: Bash シェル スクリプト – パート 2
関連記事
シェル スクリプト – チュートリアル 05: Bash シェル スクリプト – パート 2
シェル スクリプト – チュートリアル 04: Bash シェル スクリプト - パート 1
関連記事
シェル スクリプト – チュートリアル 04: Bash シェル スクリプト – パート 1

投稿の抽象的なバナー

要するに、私たちはこれを願っています «シェルスクリプト»のチュートリアル08 という点で、小さいながらも価値のある貢献を提供し続けます。 学習と理解の目標 の可能性 シェルスクリプトのテクニック. のポイントに到達する、 独自の CLI/GUI プログラムを構築する、 必要であれば。 したがって、この点に到達したい場合は、以下を調べてこの情報を補足することをお勧めします YouTubeチャンネル、現在、実際的な方法でアプローチされている場合、 シェルスクリプトの力.

内容がよろしければ、 コメントして共有する. そして覚えておいてください、私たちの «サイト»の公式チャンネルに加えて、 電報 その他のニュース、チュートリアル、Linux の更新については、. 西 グループ、今日のトピックまたはその他の関連トピックの詳細については。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。